看護師のためのサイト| ケアや処置に役立つ話≪www.cacadv.org≫

患者さんの全てを観察する

 

フットケアは確かに気になります。ですが、忙しくてなかなかフットケアまで取り組む余裕と時間がない・・・そんな看護師さんたちに、ここだけは押さえておいてほしいポイントをご紹介します。

 

患者さんのすべてを観察することが大切です!

疾患の治療は、病院の中でだけではなく、家庭や施設等様々な場所でも提供されます。その中でも入院している患者さんの特徴は、 「症状が不安定」 「重症度が変化しやすい」 「生活環境が一変してしまう」といった、心身ともにリスクが最も高い状態にあることです。そのため入院直後には気づかない、もしくはその時存在しなかったのに、しばらくしてから気づいたり、あるいは新たな病変が発症したりしてしまうということも多いのです。このような、健康をハイリスクに脅かされている患者さんに対してケアを行うときに、まず必要なことといえば、患者さん自身の関心を持つことです。そして病変部位のみを見るだけではなく、患者さんのすべてを観察することが大切です。患者さんの声に耳を傾けて、その中から健康問題をピックアップしていくのです。それにより、病変をいち早く発見することができ、予防的な介入を行っていくことが可能となります。

 

 

今よりももっともっと、きれいになりたいです。できたら来月の同窓会までにはと思っていたのです。そこで思いついたのが、今はやっている置き換えダイエットです。一日三食のうち、一食を食事の代わりに野草酵素ドリンクにするのです。たったそれだけです。

 

私はお米が大好きです。だからお米が食べれないなんて、正直辛いです。信じれません。でも置き換えダイエットなので食べてはいけないのです。食事の代わりに酵素ドリンクを飲むので、食べてはいけません。それが原則なのです。

 

でもこの酵素ドリンクが結構いけるのです。飲むのであれば、どんな方法でもいいのです。私は大好きな水割りで飲んでいました。薄める事で、飲みやすくてすっきりした味わいなのです。飽きてきた時には、ヨーグルトに混ぜていました。これも結構いけました。

 

最初は一日の一食にしていましたが、慣れてきたころには一日二食を置き換えダイエットにしました。最初は戸惑いもありました。でもすぐに慣れたので、ダイエット効果もかなり早くわかってきたのです。スリムになれてきました。そして肌がきれいにもなってきました。

 

これならもうすぐある同窓会にも、堂々と行けるでしょう。少しでもきれいなところを、同窓生に見せたいのです。

ポイント

  • 神経障害や血流障害がある患者には、自分に合った靴や足底器具が必要です。
  • なぜこの部分に傷ができているのか?を調べてから行います。
  • 柔らかい靴や大きめの靴は、かえって歩行する時の安定性を欠く場合があります。

 

下肢・足の傷の原因には、外的な要因と内的な要因があることを知っておいてください。まず外的な要因には、外傷や器具、車いすなどの不適合な使用方法の間違いによるものからの原因があります。また内的な要因には血流不良や足病変・皮膚病変・足の機能不全などからの原因はあります。

 

これらの原因が重なり、異常な状態で歩くことで、摩擦などの機械的刺激、あるいは圧迫などが起こりやすく、傷がついてしまうことが多いようです。このような傷に対する治療には、免荷・除圧を欠かすことができません。なお、免荷・除圧を行う上では、なぜこの部分に傷ができているのか・・・それを考える必要が重要です。検査、評価、管理などを適切に行うことで、傷に関する考え方や、治療に対する必要性などを患者さんに理解してもらうことが、早期器量と再発防止につながるのです。

主婦雑誌を見ていると、いろんな節約アイディアや料理のレシピが知れて楽しいです。毎月、発売をとっても楽しみにしています。

 

しかし、実は私まだ独身です(笑)昔から家計を考えたコーナーや、ケチケチ生活〜といった見出しのものが大好きで、学生時代から雑誌を読み漁っていました。別に貧乏というわけではありません。でも、無駄を出さない、といった考え方や姿勢って大事だと思うんです。せっかく稼いだお金ですもの、大事に使う方法は知っておいて損は無いですよね。

 

あまり節約しすぎて貧相な生活になるのは絶対に嫌ですが、賢くお金を使える人になりたいです。もう少しで引越しする予定なので、今までの知識を存分に使いたいと思います。新しい自分に向けて今から楽しみです。

久しぶりに会う友達と少し遅めのランチを楽しみました。友達は最近飼い始めたわんちゃんもわざわざ連れてきてくれました!本当に大人しくいい子でたっぷり癒されました。ただ、犬同行でゆっくりご飯を食べれるお店の少なさにびっくりしました。特にたばこは吸えるが犬は禁止のお店もあって複雑な気持ちになりました。また、うるさい子供も他のお客さんに相当に迷惑をかけているけどしつけさえされている犬はずっとじっと大人しく寝ているのに!友達の犬もとても大人しく、存在を忘れてしまうほどでした。実際、通りすがりの人も犬が気になり、立ち止まってかわいがったりしていたのでわんちゃんの宣伝効果も期待できるのでは?また犬Okの素敵なお店を探して皆でお茶でもしてみたいです。

私は現在勤務している病院は、看護師の仲も良く、とても働きやすい環境ではあります。ただ一つ不満なのが、給料です。友人の看護師と比べると、年収で50万円以上の差が出ているくらいで、結構本気で転職しようか悩んでいます。

 

しかし、やはりここまで働きやすい良い環境というものは、他にはないのではないだろうかとも思います。いくら給料が良くても、職場の雰囲気が悪かったり働きにくいようなところはやはり長く勤務する事はできませんよね。そうなってくると、転職をした事を後悔してしまう危険性もあると思うのです。
どちらかしか取れないとしたら、給料よりは働きにくいやすさなのかなあとも思いますが、やはり隣の芝は青く見えるというやつなのでしょうか、友人と話す度に私ももっと給料の良い病院に転職したくなってしまいます。

 

働きやすくて給料の良い病院があればもちろんそれが一番ですが、そんな病院探し当てる事はやはり難しいですよね。それができれば転職で失敗をしてしまうなんていう事はなくなるでしょうから、当然の事です。ですからこのままの現場を維持した方が正解なのかもしれません。もう少しこの病院で働いて見て、それで嫌な事があったら転職をしようかなと思います。

 

転職する場合は、ナースコンシェルジュやナースパワーを利用したいですね。

 

 

 

悩んでばかりではストレスの毎日になってしまいますよね。そんなときは、口コミで人気の果熟酵素フルーツダイヤでも飲んで充実した生活をおくってみませんか。

私は京都の大学病院で働いていましたが、地元に戻るために地元の大学病院に転職しました。数か月働かず、しばらくしての就職だったのでハローワークを利用して就職しました。
新しく働き始めた大学病院は地方なので給料が減ることは覚悟していましたが、有給休暇がほとんど使えず全く消化できませんでした。京都の大学病院はほぼ有給休暇を消化できたし、希望通りに休みがもらるので友達と遊びに行く計画を立てることも多かったです。有給休暇が使えないなんて想像もしていなかったので、初めはなんだか働くのきついなぁ、まだこの病院に慣れていないからかな、と思うだけでした。でも勤務表をずっと眺めていると誰にも有給休暇がついていないことに気付きました。
ハローワークでは、給料減るよ、とは言われたけれど、有給休暇取れないよ、とは言われませんでした。たぶん知らないんだと思いますが。
親や友達に相談しても、取れなくて当然でしょ、と相手にもしてくれません。今までの病院で甘く育てられてしまったのかと、現実はこうなのかと思い知らされます。
前の病院に戻って、また働きたいな、と思うことも多々あります。でも今さら地元を離れるわけもなく、頑張って有給なしで働いています。

 

 

 

太ってしまった看護師さんへおすすめなのが、今人気沸騰中のダイエットシェイクです!

先日はショッピングモール内にある眼鏡屋に行ってきました。
私は眼鏡をかけていますが5年くらいは買いかえていなかった為にそろそろ買おうと思ったからです。
ちなみに眼鏡屋の店員に視力も測定してもらいました。
そしたら5年前よりも視力が低下していたのでレンズも交換した方がよいとの事でした。
私はフレームとレンズの両方を購入した事もあり、2万円の出費になりました。
お金はかかりましたが自分の気にいった眼鏡を購入できたのはよかったと思いました。
眼鏡屋に行ってからは同じショッピングモール内にある靴屋に行ってきました。
そしたら私が以前から欲しかったニューバランスの靴が特価だったので迷わずに購入しました。
インターネットショップで購入するよりも安かったので良い買い物をしました。

看護師になることは子供の頃から目指していた夢でしたので、実際に病院で働くことができた今、これからが本当のスタートラインなのだと思っています。技術的な面はまだ先輩方には遅れをとっているかもしれませんが、痛みや不安で苦しんでいる患者さんをケアしたときに、「ありがとう」とたったその一言で苦労が報われるような気がしています。

 

他の職場とは違い、病院に訪れる人々はなにかしらの病気や痛みを抱えています。そのため看護師としてはストレスでイライラしている患者さんと話す機会も多く、あまりよくない言葉を言われることもあります。けれどそんなつらい中で「ありがとう」と言ってくださるとこちらとしては、自分の頑張りが認められたような気がします。

 

もちろん感謝の言葉を言われなくても看護師としてやることは同じでしょうが、改めて自分自身が患者さんに優しく接しようとした思いが伝わったような気持ちがしてそれはエネルギーになります。看護師の仕事は技術的なことも大切ですが、どれだけ優しさをもって患者さんと向き合い落ち着かせることができるか、安心感を与えるという精神的なことも求められていると思います。

 

機械ではできないぬくもりを通したケアをすることや、医師とは違った視点で患者さんをみるのが看護師としての仕事だと思います。

私は長く看護師をしてきているので、よくわかっているのです。私は最初はわかりませんでしたが、患者さんだって辛かったのです。初めて担当した患者さんがいました。その患者さんは重い病気を患っていたのです。私はできる限りの事をしてきましたが、何をしてもいつも怒ってばかりでした。「うざい、気が散る」などいろんな暴言だって吐かれました。私はそんな思いをしてまで、どうして看護師になったのか後悔していました。何度辞めようと思った事でしょう。

 

でもそんな時言われたのです。先輩の看護師さんに言われた事があって、私は落ち着きを取り戻せたのです。患者さんだって好きで病気になったんじゃない、患者さんが一番辛いのです。だからまわりに、あたってしまうこともあります。あたりたくなくても、自然とそうなってしまうのです。それがわかって私は今までの考えを変えようと思いました。私が思っていたことを、患者さんが思っていたことが違ったのです。

 

私はそれからは、何を言われようと何をされようと黙っていたのです。いつも笑顔で黙って仕事をしてきました。私が看護師になった理由は、少しでも患者さんの役に立ちたかったからです。それができているか心配ですが、それは私の看護師としての思いだったのです。

 

ナースフル

病院で働く場合、残業があることは当たり前となります。それは、人の命を守ることに、時間内で終了させることが難しいときもあるからです。そのため、残業があることを予期して、働くことが大切です。しかし、そのことにも限界を感じるようになると、今のままでいいのか考えることが必要となってきます。

 

それは、残業をするということは、ある程度の体力が必要となるからです。年を取るに従って、その体力も落ちてきます。その中で、働いていると、思考力も低下してくるため、とても危険なことなのです。それは、自分にとってもミスをする危険性があることと、患者さんにとっても、命を預けている人が、体力がない人だと不安になります。

 

そのため、残業の多いところや、救急患者さんが多いところで働くためには、たいへんな体力をつけておくことが必要なのです。そしてその体力がなくなったら、その職場の中で心身ともにバランスを崩してしまうことも想定できますので、ナースパワーのような優秀な看護師求人で転職を検討することが大切です。

 

自分だけはいつまでも元気で、今の職場で働きたいと思っている人でも、いつかはそのような状態になることがあります。その時は、無理をせずに検討することも、ひとつの選択肢であると言えます。転職ならナースパワーなどの求人を使うのもいいでしょうね。

ホーム RSS購読 サイトマップ